Voyage Bibliomaniac

旅先で本を読む至福を満たすブログ

【西陣エリア】京都の大学生が教えるオススメ喫茶店・カフェ6選

京都に4年も住んでいると、大体のことが分かってくる。無名だけど最高な喫茶店、ネットでは人気店だけどイマイチ居心地のよくない店、そんなところにあったのか!という隠れ過ぎた名店。少しアクセスの悪い西陣エリアで、わざわざ行く価値のある店を紹介する。

1.喫茶パーチ

 
 
 
View this post on Instagram

delicoさん(@deli__co)がシェアした投稿 -

 三条・四条通りと違ってマイナーな一条通りと智恵光院通りが交差するあたりにあるお店。喫茶店への愛が凄まじいご夫婦がやっていて、全てのメニューのクオリティーが高い。

 
 
 
View this post on Instagram

@koh_dnkxooo.448がシェアした投稿 -

京都の老舗「中村製餡所」のあんこを使ったアンバターサンドや、

 
 
 
View this post on Instagram

Aki Miyashitaさん(@miyanlife)がシェアした投稿 -

 数十年前に流行っていたという隠し味にマヨネーズを使ったフルーツサンド。小さなお店ながら、これまでの喫茶店の歴史の良い所が詰め込まれたいいお店だ。日替わりランチも劇的に美味しいし、カレーは本格的に辛くて最高。小さなお店だけど、愛されてます。

バス停「今出川浄福寺」から徒歩5分。金曜は定休日で8:00~19:00営業。その他臨時休業はFacebookをチェック。

 

2.エントツコーヒー舎

 
 
 
View this post on Instagram

Maiko Hayashiさん(@___aruko___)がシェアした投稿 -

このカフェに行くには、まず住宅街の真ん中に隠れた入り口を探そう。

 
 
 
View this post on Instagram

Kyoto_osanpoさん(@kyoto_osanpo)がシェアした投稿 -

驚くほど細長い間口を抜けると…驚きのメルヘン空間が広がっている(ネタバレ禁止)。実はこの店、元々映像関係のセットを作るお仕事をされていたオーナー2人で作り上げたもの。ランプ・天井・メニュー表に至るまで統一された世界観は、ぜひ味わっておくべし。

バス停「千本今出川」から徒歩7分。営業時間は12:00~20:00(L.O.)で、水曜日と第2&第4木曜はお休み。自転車は置けないので要注意。

3.逃現郷(とうげんきょう)

 
 
 
View this post on Instagram

Yohei Fukudaさん(@tofuyabus)がシェアした投稿 -

 西陣エリアの言わずと知れた名店。古民家をリノベーションしたのであろう、どこか手作り感のある居心地のいい空間で提供されるのは、通好みのサイフォンコーヒー。

 
 
 
View this post on Instagram

S h i n j iさん(@shinjicam)がシェアした投稿 -

数種類の豆から選べる。フードメニューも充実していて、牛スジ肉を柔らかく煮込んだカレーが人気だ。筆者のお気に入りは黒蜜をかけて食べるコーヒーゼリーと、レモンの乗った絶妙な酸味のチーズケーキ。

余りにも大きな金魚鉢がトレードマークのこの店は、8:00~1:00(L.O.24:00)まで営業しており、深夜に突然湧くコーヒーを飲みたい欲を満たしてくれる。定休日も無し、すごい店だ。バス停「今出川大宮」すぐで、今出川駅からは徒歩15分。

4.さらさ西陣

 
 
 
View this post on Instagram

mosimosi_さん(@mosimosi_neco)がシェアした投稿 -

 雑誌にもしょっちゅう掲載され、TVにも取り上げられるほどの超有名店。その理由は店構えを見ればわかるはず。なんと昔の銭湯を改装して作ったカフェなのだ。これを見ずして西陣は語れない。

 
 
 
View this post on Instagram

miraiさん(@mirai.fufu)がシェアした投稿 -

男風呂と女風呂の仕切りをハンマーでたたき壊したような衝撃的なレイアウト。一面のマジョリカタイルは、この銭湯が現役時代からお洒落だったことを思わせる。お客が食事をする床の下には今も浴槽があるそうな。フードメニューがどこよりも充実しているので、晩御飯にもオススメ。夜はまた違った雰囲気が出てきます。

近くにはマジョリカタイルを使った銭湯「船岡温泉」が営業中。なんと建物自体が文化財というすごさ。合わせて楽しむべし。

バス停「堀川鞍馬口」「千本鞍馬口」徒歩10分。営業時間は12:00~23:00(L.O.22:00)で定休日なし。

5.喫茶ナポリ

 
 
 
View this post on Instagram

阿古さん(@akoakane)がシェアした投稿 -

昭和の喫茶が現代にタイムスリップ。広い店内には、ゲーム機が付いたテーブルだったり、やたらキレイなジュークボックスだったり、知らぬ間に30年ぐらい時を遡ってしまったような逸品の数々。

 
 
 
View this post on Instagram

すずきさんさん(@suzukiriu)がシェアした投稿 -

 そして全純喫茶ファンの憧れともいうべき鉄板ナポリタンが食べられる。名前はイタリアン・スパゲティで、メニューにはインド・スパゲティーもあった。昭和の風情が残る北野商店街の出口に位置するこの喫茶店で、終わっていく時代を懐かしみましょう。

バス停「千本中立売」すぐ。営業時間は9:00~18:00で月曜日定休。

6.壺中珈琲店(コチュウコーヒーテン)

f:id:NIGHTCAP:20190205205832j:plain

住宅街に突如現れる違和感。不思議なメニューに独特の字体。西陣でもトップクラスにディープなのが、この壺中珈琲店だ。お店のほとんどない細い道の住宅地に位置しており、知る人ぞ知る店となっている。

f:id:NIGHTCAP:20190205210137j:plain

そもそもメニュー表が独特過ぎる。右上にメニューと全く関係ない枯山水があり、京都の風情を感じさせる。席数も極端に少なく、カウンター3・テ―ブル席1だった。

f:id:NIGHTCAP:20190205210324j:plain

なぜか二つだけある椅子、あとはホットカーペットで地べた。かなり色物に見えるし実際そうなのだが、店主はかなりのコーヒー好きらしく、店内にはたくさんのコーヒーの本がおいてあり、広くないカウンタースペースの大半を珈琲関連の機械が占拠している。そんな店のこだわりのブレンドは、酸味を極端になくした鋭い切れ味でめちゃくちゃ美味しい。

ちなみに予約をすればあのコピルアック(ジャコウネコの食べた豆をフンから回収して作るコーヒー)まで飲めるそう。西陣最ディープ候補をぜひ味わってきてほしい。

バス停「今出川浄福寺」すぐ。定休日は水・日・祝で午前11時から午後5時まで。

西陣エリア

西陣はアクセスが良くない分、面白い店が残っている。大手資本の立ち入らない立地なので、その歴史ある街並みにはたくさんの個人経営のカフェが立ち並ぶ。北山の名雑貨屋・アルファベットも西陣エリアへと引っ越してくるそうだ。

こういった観光地化されていない京都を巡るのには自転車が一番。ママチャリだと後々対応できなくなることがあるので、いきなりクロスバイクを買うのがおすすめ。ただし初心者が自転車屋さんで勧められがちなGIANTというメーカーの物は、京都ではめちゃくちゃ被るので注意

筆者としては、Bianchiのクロスバイクがどれを取っても可愛く、しかも高品質なのでオススメ。女の子はもちろん、男の子が乗っていてもお洒落です。

www.voyage-bibliomaniac.com

その他、お洒落なものから体の小さい方向け、激安お値打ち品までご紹介してます。